会則・細則・規程


九州地区国立病院薬剤師会規約

第1章 総 則

(名称及び事務局)

第1条
この会は、九州地区国立病院薬剤師会と称し、事務局を福岡県に置く。

(目的)

第2条
この会は、会員相互の緊密な連絡と親睦を図り、併せて業務上の知識と技術の交流を行うことによって、会員の本来の使命達成に寄与することを目的とする。

(事業)

第3条
この会は、目的を達成するために、次の事業を行う。

  1. 学術・研究・研修に関する事項
  2. 薬剤業務の改善に関する事項
  3. 経営改善に関する事項
  4. 広報にかかる会誌の発行と薬剤関連情報の提供
  5. その他この会の目的達成に必要な事項

第2章 会 員

(会員)

第4条
この会の会員は、九州地区の独立行政法人国立病院機構に属する施設及び国立ハンセン病療養所に勤務する薬剤師とする。

(名誉会員)

第5条
この会に、名誉会員を置くことができる。
2.名誉会員は、この会のために特に顕著な功労のあった者を理事会の推薦により、総会の承認を得て決定する。

第3章 役 員

(役員)

第6条
この会に次の役員を置く。
会 長 1名   副会長  3名   常任理事 1名
監 事 2名   理 事 若干名

(役員の業務)

第7条
会長は、この会を代表し、会務を統括する。
2.副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
3.常任理事は、会長を補佐し、会務を処理する。
4.理事は、会長を補佐し、会務を分掌する。
5.監事は、会務及び会計を監査し、その結果を総会で報告する。

(役員の選出と任期)

第8条
会長、副会長及び監事は、総会において選出する。
2.常任理事及び理事は、会長が委嘱する。
3.役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。

(役員の補充)

第9条
会長、副会長又は監事に欠員が生じた場合、理事会において補充者を選出し、その任期は前任者の残任期間とする。
2.常任理事又は理事に欠員が生じた場合、会長が委嘱し、その任期は、前任者の残任期間とする。

(顧問)

第10条
この会に顧問を置くことができる。顧問には、薬事専門職及び理事会の承認を得た者とし、会長が委嘱する。
2.顧問は、会務全般について意見するとともに、相談に応ずるものとする。
3.顧問の任期は、委嘱した会長の在任期間とする。

第4章 運 営

(機関)

第11条 この会を運営するために、次の機関を置く。
1.総会   2.理事会   3.常任部会

(総会)

第12条
総会は、この会の最高の意志決定機関であって、定期総会及び臨時総会とする。
2.定期総会は、毎年1回、薬学研究会開催時に会長が招集する。
3.臨時総会は、会長が必要と認めたとき招集する。
4.総会は、会員の3分の1以上(委任状を含む。)の出席がなければ、これを開くことができない。
5.総会の議決及び承認は、出席会員の過半数により可決する。可否同数の場合は、議長が決する。

(理事会)

第13条
理事会は、この会の評議機関であって、本規約第6条に掲げる役員で構成し、会長がこれを招集する。
2.理事会は、過半数の出席がなければ、これを開くことができない。

(常任部会)

第14条
常任部会は、本規約第3条に掲げる事業を行うための執行機関であって、会長、副会長、常任理事及び会長が指名する者をもって構成し、会長がこれを招集する。
2.この決定事項は、理事会及び総会に報告し、承認を得なければならない。

第5章 会 計

(経費及び収入)

第15条
この会の経費は、会費及びその他の収入をもって当てる。
2.会費の額は、総会において決定する。
3.重要な事由のために、経費に不足が生じたときは、臨時に徴収することができる。
4.既納の経費は、いかなる理由があっても返還しない。
5.この会の会計年度は、4月1日から翌年の3月31日までとする。

第6章 会員等の慶弔

第16条 会員等の慶弔は、別に定める。

第7章 その他

第17条 この会の規約の改正は、総会の議決を経なければならない。

附 則

  1. この規約は、昭和51年10月20日から実施する。
  2. この規約は、昭和60年2月24日一部改正する。
  3. この規約は、平成2年7月7日一部改正する。
  4. この規約は、平成13年1月6日一部改正する。
  5. この規約は、平成14年7月6日一部改正する。
  6. この規約は、平成16年7月3日一部改正する。
    独立行政法人化に伴い、会の名称を「国立病院療養所薬剤師会」から「九州地区国立病院薬剤師会」へ変更
  7. この規約は、平成21年7月11日一部改正する。
  8. この規約は、平成23年7月9日一部改正する。
  9. この規約は、令和元年7月6日一部改正する。

九州地区国立病院薬剤師会研究助成規定

(目的)

第1条
本研究助成は、九州地区国立病院薬剤師会(以下「薬剤師会」という。)のネットワークを活用した多施設共同研究を推進することで、医療薬学分野の向上を図ることを目的とする。

(助成対象者)

第2条
研究助成の対象者は、 薬剤師会の会員とする。

(助成対象研究)

第3条
研究助成の対象となる研究は、原則として薬剤師会の会員施設の豊富なデータ等を活用し第1条の目的を達成するための調査研究とする。

(研究期間)

第4条
研究助成の期間は、2年間を限度とする。なお、同じ研究者が重ねて申請する場合は2年以上の間隔をおくこととする。

(申請手続)

第5条
研究助成の申請者は、薬剤師会会長宛に研究助成申請書を提出する。なお、申請締切日は、年度ごとに公募要項で定める。

(評価・採択)

第6条
応募された研究課題は、薬剤師会学術研修部において評価する。採択研究課題は、評価結果をもとに理事会で検討し決定する。

(結果通知)

第7条
評価及び採択の結果は、代表研究者宛て研究助成金交付決定書を通知する。

(研究助成金額及び採択件数)

第8条
研究助成金額は、1年間に10万円を上限とし、採択件数は1年間に1件とする。

(対象経費)

第9条
研究助成金は、消耗品、謝金、旅費などに使用することとし、収支報告書を薬剤師会総会に提出する。なお、研究助成金の使途については、必要に応じ理事会で確認する。

(研究成果の公表)

第10条
研究助成を受けた者は、研究成果を薬剤師会薬学研究会において報告するとともに薬剤師会会誌に掲載する。
2 研究成果を公表する際には、「九州地区国立病院薬剤師会研究助成」を受けた旨を付記する。

(所管)

第11条
本規程に係る事務等は、薬剤師会総務部が所管する。

(規程の改廃)

第12条
本規程の改廃は、理事会での検討を経て薬剤師会会長が行う。

(附則)

  1. 本規程は、平成25年7月6日から施行する。
  2. 本規程は、令和元年7月6日一部改正する。

九州地区国立病院薬剤師会名誉会員推薦規定

  1. 本会における名誉会員選考対象は、薬学研究会の前身である薬剤師研修会が創設された昭和52年度以降とする。
  2. 名誉会員の推薦に当たっては、役職1年をもって所定点数の累計が20点以上を目安とし、特に本会のために顕著な功労があったと認められる場合当該者の最終施設の薬剤部科長から理事会に推薦し、理事会及び総会の承認を経て決定される。
  3. 全国国立病院薬剤部科長協議会における名誉会員の推薦に当たっては、全国薬剤部科長協議会規定に沿った所定点数の累計を満たす者を会長が推薦し、理事会の承認を経て決定される。
  4. 役職ごとの所定点数は下記のとおり。
    1)会 長  10点  2)副会長   5点   3)常任理事   4点
    4)監 事  3点  5)理 事 3点 6)委員会委員長 3点
    7)薬事専門職  3点 8)事務局長  2点
    ① 役職の重複は、加算する。
    ② 在任期間の端数月は、切り上げて1年とする。
    ③ 県薬、県病薬等の役職の経験者は、審査にあたっての参考資料とする。

附 則

  1. この規定は、平成23年5月28日一部改正する。
  2. この規定は、令和元年7月6日一部改正する。